日本語の通じるホームステイ

ホームステイしたいけど英語がとても不安な方にオススメします。ホームステイウェブ内に登録してくれている方の中から日本語の通じるネイティブのホームステイもしくは日本人とネイティブとのカップルや夫婦のホストファミリーばかりを集めてみました。


ロサンゼルスのロサンゼルスさん
 

レミ Remi Premium Member

United StatesLos Angeles in United States( アメリカ ロサンゼルス )

♥ 推薦コメント読む(1件)

オレンジカウンティーでのホームステイご希望の方、短期滞在から長期滞在までご歓迎いたします。

家族構成: 4人家族(高校生の娘14歳&小学4年生の息子9歳)、私は日本語を話しますが、旦那と子供二人は英語のみ話します。

英語が話せないので少し不安なので日本語がわかる所に滞在したい、でも日常会話は勉強のためにも英語を聞いていたいと思う方には抜擢です。 

エンジェ...

更多...

オレンジカウンティーでのホームステイご希望の方、短期滞在から長期滞在までご歓迎いたします。

家族構成: 4人家族(高校生の娘14歳&小学4年生の息子9歳)、私は日本語を話しますが、旦那と子供二人は英語のみ話します。

英語が話せないので少し不安なので日本語がわかる所に滞在したい、でも日常会話は勉強のためにも英語を聞いていたいと思う方には抜擢です。 

エンジェルス・アナハイム球場まで車で15分。 ディズニーランドまで車で15分。 海まで車で20分。 モールまで車で10分。 バス停まで徒歩数分。 近くにはフラトン大学やLSI語学学校などもあります。

Yorba Linda高校、Esperanza高校、Valencia高校、Orange Lutheran HSなどが近くにあります。

短期滞在の方、長期滞在の高校生、大学生、ちょっとしたバケーション、高校留学、何でもご相談ください。

ご予算がある方はご相談ください。

ホームステイウェブのプロフィールはこちら

ポルデノーネのポルデノーネさん
 

はるよ haruyo saegusa Premium Member

ItalyFriuli-Venezia Giulia in Italy( イタリア ポルデノーネ )

ヴェネツィアから車で一時間ほどの所にある閑静な田舎町ポルデノーネ県ロベレードインピアーノ市に私たちは住んでいます。

私、修復関係の仕事につき、ここイタリアに住みだして17年になります。
家族は主人(イタリア人)と娘(8歳)の三人です。(16歳の老犬一匹います。)

ツアー旅行でお決まりの観光地を回るのではなく、のんびりとイタリア人の送っている普通の生活を体験してみた...

更多...

ヴェネツィアから車で一時間ほどの所にある閑静な田舎町ポルデノーネ県ロベレードインピアーノ市に私たちは住んでいます。

私、修復関係の仕事につき、ここイタリアに住みだして17年になります。
家族は主人(イタリア人)と娘(8歳)の三人です。(16歳の老犬一匹います。)

ツアー旅行でお決まりの観光地を回るのではなく、のんびりとイタリア人の送っている普通の生活を体験してみたいという方、イタリア語を習っていて、現地での生活を通して使えるイタリア語を身に着けたいという方には、最適です。
又、ホームステイはしてみたいけど、言葉や文化の違いがあり少し不安と思われる方(私自身イタリアに初めて来た時にホームステイをして、かなり戸惑うことがありました。)その辺りに重点を置いて気持ちよく滞在していただけるように心がけたいと思っております。

観光案内では紹介されていない趣のある小さな町を訪れることも出来ますし、毎週末のように行われている地元の何らかのフェスタにいくことも出来ます。
又、ヴェネツィアまでは一時間程、トリエステまでは一時間半程、その他海や山へも一時間程でたどり着ける距離です。


食事は基本的に3食お付けいたします。MAMMAから教わったイタリアの家庭料理をお出しします。(ご希望であれば一緒にお料理しましょう)
シングルルーム、テレビ、Wi-Fiあり

その他オプションサービスとして、ヴェネツィア空港迄の送迎、イタリア語の個人レッスンや観光のサポートもさせていただきます。
メールにて御要望をおっしゃっていただければ、フレキシブルに対応させていただきます。saegusa@libero.it

我が家は1800年代後期に建てられた家を修復したものですから、ホテルのような快適さはありませんし、決して豪華な家ではありませんが、心を込めておもてなし致しますので、友達の家に遊びに行くような気持ちで来ていただけたらと思います。

ホームステイウェブのプロフィールはこちら

ニューヨークのニューヨークさん
 

マッコスカー浩美 Hiromi McCosker

United StatesNew York City in United States( アメリカ合衆国 ニューヨーク )

♥ 推薦コメント読む(2件)

私達はアメリカで1996年からホームステイをしてます。私は日本人。主人はアイリッシュアメリカン。子供が4人います。産まれた時からステイの受け入れをしておりとてもフレンドリーです。我が家では日本食を食べながら、英語を学ぶ事ができますしとてもアットホームな雰囲気で絶対にがっかりさせません!
NYタイムズスクエアからバスで30分。バスは24時間サービスで頻繁に来ます。電車もあります。メインストリー...

更多...

私達はアメリカで1996年からホームステイをしてます。私は日本人。主人はアイリッシュアメリカン。子供が4人います。産まれた時からステイの受け入れをしておりとてもフレンドリーです。我が家では日本食を食べながら、英語を学ぶ事ができますしとてもアットホームな雰囲気で絶対にがっかりさせません!
NYタイムズスクエアからバスで30分。バスは24時間サービスで頻繁に来ます。電車もあります。メインストリートまで2ブロック。メインストリートには沢山のお洒落なショップ、レストランがあり、緑の多い高級感のある街並です。
今の家は2014年に増築し、ゲストルームが4つ、5つバスルーム、大きいジャグジー風呂、広い庭、デッキがあります。夏はBBQ、夜は暖炉を囲って語り合ったりもできますので一人で来ても寂しくなく仲間が出来ます。リピーターもたくさんいます。
mccosker family ホームシックになったと言って下さる方が大勢いて嬉しく思います。日本に里帰りした時も全国から会いに来て下さいます。
是非いらして下さい。
心に残る一生の楽しい思い出になる事をお約束します。
精一杯温かくおもてなしします。
ご予約は globaldhd@hotmail.com まで。
マッコスカー浩美

ホームステイウェブのプロフィールはこちら

ホノルルのホノルルさん
 

真由美 Mayumi

United StatesHawaii in United States( アメリカ合衆国 ホノルル )

♥ 推薦コメント読む(4件)

マノアはハワイ大学の山側に位置し、自然に囲まれた穏やかな街/住宅地です。オアフ島でも数少ない、便利で、治安が良く、日中は歩いて行動できる街でもあります。

明るく 広い2階の部屋(約50平米 28畳) 、専用バスルーム、キッチネット付を使っていただきます(専用玄関あり)

女性一人旅、母子親子ホームステイ、お友達と二人

ホストは私(53歳 フリーランス日本語の...

更多...

マノアはハワイ大学の山側に位置し、自然に囲まれた穏やかな街/住宅地です。オアフ島でも数少ない、便利で、治安が良く、日中は歩いて行動できる街でもあります。

明るく 広い2階の部屋(約50平米 28畳) 、専用バスルーム、キッチネット付を使っていただきます(専用玄関あり)

女性一人旅、母子親子ホームステイ、お友達と二人

ホストは私(53歳 フリーランス日本語の先生、神奈川県出身日本人)と主人(59歳  大学教授、米国東海岸出身アメリカ人)です。二人とも学生時代ホームステイを経験しています。独立した娘(23歳)も日本で三家族にお世話になり、ホストファミリーには、感謝しきれないほど良くしていただきました。夫婦二人暮らしになったのを機に、日本に恩返しの意味もあり、時々、ホームステイのゲストをお迎えすることにしました。一緒に楽しい時間を過ごしませんか。

料金:一人の場合 一泊 朝食 (セルフサービス)、夕食込み 11,000 円
母子の親子ホームステイ、18歳未満、お友達と二人の場合の料金はお問い合わせ下さい。
希望者のみ空港往復送迎 10,000円 (片道5,000円)

アクセス:
バス停 徒歩2分 (アラモアナ約15分)、ハワイ大学までは徒歩15分(大学のシャトル又はバス5分)

徒歩圏内:
マノアマーケットプレイス、ハワイ大学、無料テニスコートやプールがあるマノア公園、ヨガスタジオ、図書館、コーヒーショップ、レストランなど
詳細は:http://hawaiiseikatsu.blog.fc2.com/blog-entry-81.html

ホームページ:http://hawaiiseikatsu.blog.fc2.com/blog-entry-81.html

ホームステイウェブのプロフィールはこちら

海外在住の日本の方へ

このページの掲載したいホストファミリーの方はお問い合わせください。こちらへの掲載は、Premium-Passportメンバーになっていただければ掲載させていただいております。

Sponsored link

Share button